シャープペンシル

【プラチナ萬年筆】プロユース171を8つの項目で徹底比較分析!【文房具】

この記事は約2分で読めます。
今回比較・分析していくのは【プラチナ萬年筆】プロユース

 

様々な機能を詰め込んだ製図用シャープペンシルです。

主に硬度表示窓、芯折れ防止機能、ガイドパイプの長さ調節機能、低重心が特徴です。

適宜調整して自分だけのプロユースを手に入れましょう。↑芯折れ防止機能が働いていると、筆圧により芯が上下します
セーフティスライド機能、シュノークシステムと名付けられています。

では早速各データを集めて比較してみましょう。

・【商品名】 プロユース
・【メーカー】 プラチナ
・【定価】 ¥ 1500
・【軸径】 10 mm
・【全長】 144.9 mm
・【重量】 23.8 g
・【対応芯径】 0.5 mm
・【ペン先からの重心位置】 60 mm
・【全長に対する重心位置】 41.4% (低重心)
・【ガイドパイプ形状】 ❚
・【ガイドパイプ長さ】 4.4 mm
・【ノック一回分の芯長さ】 0.5 mm
・【ノック部の沈み込み】 2 mm
・【消しゴム】 なし
・【芯の補充】 ノック部を取り外し補充
・【ノック音】 57 (小さめ)

【定価】で比較

同じような値段のシャープペンシルにはどのようなものがあるでしょうか。
商品名メーカー定価
スマッシュぺんてる1000
グラフ1000(フォープロ)ぺんてる1000
製図用シャープペンシルステッドラー1400
プロユースプラチナ1500
ボールサインプレミアム4*1サクラ2000

【軸径】で比較

軸径の近いものを持っていれば持ち心地が分かるかもしれません。
商品名メーカー軸径(mm)定価
92515ステッドラー9.9550
モノグラフトンボ10350
プロユースプラチナ101500
サファリラミー102500

【全長】で比較

同じような長さのシャープペンシルにはどのようなものがあるでしょうか。
商品名メーカー全長(mm)定価
プロユースプラチナ144.91500
タプリクリップゼブラ145100
ファミコン シャープペンシルA本体三英貿易145.3750
S3パイロット145.3300
オレンズメタルグリップぺんてる145.31000

【重量】で比較

持ち心地に影響を与えています。人それぞれに使いやすい重さがあるはずです。
商品名メーカー重量(g)定価
オルノスイフトトンボ20.6300
ドクターグリップ Gスペックパイロット21.2600
ドクターグリップエースパイロット21.6800
プロユースプラチナ23.81500
オートマックパイロット26.23000

【全長に対する重心位置】で比較

持ち心地に非常に大きな影響を与えています。低重心か高重心かの数値です。
商品名メーカー全長に対する重心位置定価
プロユースプラチナ41.3%1500
シフトuni41.4%1000
オルノスイフトトンボ41.5%300
鉛筆シャープTypeMxコクヨ41.7%1000
オレンズメタルグリップぺんてる42.6%1000

【パイプ部長さ】で比較

パイプ部の長さによっては筆記時の視認性が変わってきます。
商品名メーカーガイドパイプ形状パイプ部長さ(mm)定価
製図用シャープペンシルステッドラー4.21400
オルノスイフトトンボ4.3300
ドクターグリップエースパイロット4.3800
プロユースプラチナ4.41500
製図用シャープペンシルxeno(ゼノ)4.4350

【ノック部の沈み込み】で比較

一回芯が出るまでにどれくらいノックすればいいかの数値です。
商品名メーカーノック部の沈み込み(mm)定価
バーディパイロット1.9400
PoCheNo(ポシェノ)プラチナ1.9100
デルガード タイプERゼブラ1.9700
プロユースプラチナ21500
デルガードゼブラ2.1450

【ノック音】で比較

【カチッ】という音の大きさを示しています。
商品名メーカーノック音定価
プロユースプラチナ571500
レグノパイロット571000
triplus 776ステッドラー57330
モノグラフトンボ57350
これから購入を考えていた方も、購入済みの方も、この記事が何かの役に立つことを願っています。
 
プラチナ万年筆 シャープペン プロユース171 0.5mm ブルー MSDA-1500B#56
次世代シャープペンシル"PRO-USE171"登場! 製図用シャープPRO-USEが進化! シュノークシステム搭載で筆記感が選べる。 【シュノークシステム】 紙面や芯の状態が伝わる繊細な書き心地と、クッションを利かせて筆圧をかけても折れにくい安定した書き心地の2種類を選ぶことが可能。 先端のテーパー(口金)を回転させる...