ボールペン

【約100本を比較】ゼブラのボールペンコスパランキングベスト10!

誰もが一度は感じたことがあるでしょう。

 

【一番コストパフォーマンスの良いボールペンはどれだろう?】

でもいちいち記録していくのはあまりにも手間がかかりますので諦めざるを得ませんでした。

しかしゼブラがきっちりと自社の商品の筆記文字数を出しているという噂を耳にしました。

流石はゼブラ!

これを見ればゼブラに関しては最もコストパフォーマンスのよいペンを判断することができますね!

 

…しかし載っているのはリフィル(替え芯)の情報のみでした。

これじゃあ本体の値段によってコスパが上下してしまうではないですか。

というわけでコスパを追求する方々のために本体の値段も考慮してランキング形式にしてトップ10にまとめてみました。

では、いってみましょう。

10位:タプリクリップ1.0(BNB5)

一円当たりの筆記文字数:180
定価:¥100
太さ:1.0mm
インクの種類:油性
今回唯一の太さ1.0mmのランクイン。
その名の通りタップリインクが詰まっています。

 

芯が太ければそれだけ多くのインクを使うような気がしますね…。
ということは太さが細くなるほど…?

9位:Bn2(BN2)

一円当たりの筆記文字数:200
定価:¥80
太さ:0.7mm
インクの種類:油性
近所ではなかなか見かけないBn2がランクイン。

 

ノックする部分に紐をつけることができます。
首にかけて使うことを想定しているようです。

それだけにとても軽く取り回しやすいです。

優秀なはずなのですが売り場では見かけませんね…。

8位:タプリクリップ0.7(BN5)

一円当たりの筆記文字数:240
定価:¥100
太さ:0.7mm
インクの種類:油性
10位の1.0からやはりコスパがランクアップ!
クリップもかなり大きめで可動域も広いのでどんどん挟めます。
ゴムグリップで持ちやすい!
なんと同着4位が4本もありました!

4位:スラリ0.5(BNS11)

一円当たりの筆記文字数:300
定価:¥100
太さ:0.5mm
インクの種類:エマルジョン
期待の新星エマルジョンインクが4位にランクイン!

 

エマルジョンインク部門では第一位ですね。
ジェルインクの書きやすさと油性インクの乾きやすさを併せ持っています。

お店でも多く取り扱われている印象です。
御覧の通りコスパもいいので是非お試しを!

4位:ラバー80(R-8000)

一円当たりの筆記文字数:300
定価:¥80
太さ:0.7mm
インクの種類:油性
名前の通り100円でお釣りがくるキャップ式ラバーゴムグリップボールペン。
この値段でゴムグリップは破格です

 

さらにグリップは持ち手だけではなく、ほぼペン全体についている念の入れようです。
そのおかげで軸が細めなのに持ちやすいのです。

4位:ニューハード0.7(N-5200)

一円当たりの筆記文字数:300
定価:¥80
太さ:0.7mm
インクの種類:油性
まさに事務用ボールペンです!
という見た目をしているキャップ式ボールペン。
かなりの大ベテランです。

 

透明ボディの理由は残りのインクが見やすいようになっているからとのこと。

4位:ニューハード ケアS(BNR2)

一円当たりの筆記文字数:300
定価:¥80
太さ:0.7mm
インクの種類:油性
ボディがすべて再生プラスチックでできているという超エコロジーなニューハードです。
財布にも地球にも優しい!
スペックは通常のニューハードと変わりありません。

3位:タプリクリップ0.5(BNS5)

一円当たりの筆記文字数:333
定価:¥100
太さ:0.5mm
インクの種類:油性
10位、8位とランクインしたタプリクリップの0.5が堂々の3位にランクイン
本体価格が100円なのにこの順位は驚きです。

 

芯が細いものを使った方がインクは長持ちするということですね。
しかし芯が細くなると今度は耐久面が心配ですね。

安いからと粗雑に扱わず、大切に使うに越したことはありません。

1位も2本が同着です!

1位:ニュークリスタル ケアS(BNR1)

一円当たりの筆記文字数:343
定価:¥70
太さ:0.7mm
インクの種類:油性
本体価格はなんと70円!
キャップ式なのでキャップの紛失にご注意を。

 

業務用として大量に発注されることも多いこちらのボールペンですが、個々でバラ売りされているのでしょうか。

ゼブラのキャップ式ボールペンでは、コスパ最高ペンです!

1位:インレット(BN15)

一円当たりの筆記文字数:343
定価:¥70
太さ:0.7mm
インクの種類:油性
こちらも本体価格は70円!
ニュークリスタル ケアSはキャップ式ボールペンでしたが、こちらはノック式ボールペン!
さらにゴムグリップつき!

 

このインレットは「生活応援商品」と銘打たれており、より良い商品をより安く提供するために生み出されたボールペンなのです。

それならばこのボールペンがゼブラで1位となるのはある意味当然といえるのかもしれませんね。

ゼブラのノック式ボールペンでは、コスパ最高です!

・・・見事1位に輝いたこれら二本のボールペン、実は中身(芯)が全く同じです。
ノック式かキャップ式か、はたまた見た目で購入する方を決めてもいいですね。

番外編

ジェルインクペンが一本もランクインできていませんね。

 

しかし、11位にはサラサ0.5(JJ3)がランクイン
インクがかすれず書くことができるので根強い人気がありますがやはりインクの減りも早いようです。

 
順位:11位
一円当たりの筆記文字数:180
定価:¥100
太さ:0.5mm
インクの種類:ジェルインク
よく見る「あの」ボールペンの順位は?
会社のデスクやお店に行くと本当によく見るこのジムノックは100本中42位となりました。
うーんどこまでも普通ですね。
コメントも思いつきませんが「そこがいい」ですね。
 
順位:42位
一円当たりの筆記文字数:80
定価:¥100
太さ:0.7mm
インクの種類:油性
想像以上のデッドヒートとなりました。
入手難易度等を考えるとタプリクリップが間違いないということになりそうですね…。

このサイトではボールペンの他にシャープペンもご紹介しております。