シャープペンシル

【コクヨ】鉛筆シャープを8つの項目で徹底比較分析!【文房具】

今回比較・分析していくのは【コクヨ】鉛筆シャープ。 
鉛筆のような書き味が特徴のシャープペンです。

書き味のポイントは芯の太さで、最大1.3mmもの太さがあります。
とてもサラサラと書くことができます。

ペン全体がラバー加工になっていて滑りにくくなっています。
その代わり汚れやすく、ホコリ等が付きやすいので注意。

当然筆記線も太くなるので、細かい文字は書きにくくなります。

すばやくササっとかけるので、アイデア出しやスケッチに使うことができます。
枠線などがないスケッチブックや無地ノートがおすすめです。

では早速各データを集めて比較してみましょう。

・【商品名】 鉛筆シャープ
・【メーカー】 コクヨ
・【定価】 ¥ 180
・【軸径】 10 mm
・【全長】 142.3 mm
・【重量】 7.1 g
・【対応芯径】 0.3~1.3 mm
・【ペン先からの重心位置】 71.4 mm
・【全長に対する重心位置】 50.2% (高重心)
・【ガイドパイプ形状】 ▼
・【ガイドパイプ長さ】 2.7 mm
・【ノック一回分の芯長さ】 0.5 mm
・【ノック部の沈み込み】 4.9 mm
・【消しゴム】 なし
・【芯の補充】 ノック部、キャップを取らずに補充できる
・【ノック音】 53 (小さめ)

50種類以上のシャープペンと比較したい方はこちらへ!

【定価】で比較

同じような値段のシャープペンシルにはどのようなものがあるでしょうか。

商品名メーカー定価
パサーズメイトペンコ150
鉛筆シャープコクヨ180
プレスマンプラチナ200
フレフレミーパイロット200
エナージェルぺんてる200

【軸径】で比較

軸径の近いものを持っていれば持ち心地が分かるかもしれません。

商品名メーカー軸径(mm)定価
ポリカーボネイトシャープペン無印良品1080
シャープペン 半透明無印良品1090
鉛筆シャープコクヨ10180
モノグラフトンボ10350
プロユース171プラチナ101500
サファリラミー102500

【全長】で比較

同じような長さのシャープペンシルにはどのようなものがあるでしょうか。

商品名メーカー全長(mm)定価
鉛筆シャープコクヨ142.3180
ドクターグリップ Gスペックパイロット142.3600
マイスターリミテッドステッドラー142.41400
クルトガアドバンスuni142.5550
マイティグリップゼブラ142.5600

【重量】で比較

持ち心地に影響を与えています。人それぞれに使いやすい重さがあるはずです。

商品名メーカー重量(g)定価
バーディパイロット7400
鉛筆シャープコクヨ7.1180
triplus 776ステッドラー7.6330
シャープペン 半透明無印良品7.890
手帳用シャープペンシルダイソー7.9100

【全長に対する重心位置】で比較

持ち心地に非常に大きな影響を与えています。低重心か高重心かの数値です。

商品名メーカー全長に対する重心位置定価
クルトガアドバンスuni49.8%550
マイスターリミテッドステッドラー49.9%1400
デルガードゼブラ50.0%450
鉛筆シャープコクヨ50.2%180
木軸シャープペンシルミニ500138-900DELFONICS50.7%418

【パイプ部長さ】で比較

パイプ部の長さによっては筆記時の視認性が変わってきます。

商品名メーカーガイドパイプ形状パイプ部長さ(mm)定価
.e-sharpぺんてる2.5100
クルトガ ラバーグリップ付uni2.7650
クルトガアドバンスuni2.7550
鉛筆シャープコクヨ2.7180
クルトガ ハイグレードモデルuni2.81000

【ノック部の沈み込み】で比較

一回芯が出るまでにどれくらいノックすればいいかの数値です。

商品名メーカーノック部の沈み込み(mm)定価
モーグルエアーパイロット4.8500
鉛筆シャープコクヨ4.9180
オレンズメタルグリップぺんてる4.91000
クルトガアドバンスuni5550

【ノック音】で比較

【カチッ】という音の大きさを示しています。

商品名メーカーノック音定価
オレンズメタルグリップぺんてる521000
ボールサインプレミアム4*1サクラ522000
ドクターグリップ Gスペックパイロット53600
鉛筆シャープコクヨ53180
バーディパイロット54400
グラフ1000(フォープロ)ぺんてる541000

これから購入を考えていた方も、購入済みの方も、この記事が何かの役に立つことを願っています。