シャープペンシル

【ダイソー】Mokumoriを8つの項目で徹底比較分析!【文房具】

今回比較・分析していくのは【ダイソー】Mokumori

 

とにかくコスパは抜群な鉛筆風シャープペンです。

しかしその値段に見合った性能です。

ペン先がブレたり、消しゴムが付いていなかったり、ペン先の口金が妙に太く、筆記時の邪魔になっています。

ノック音もかなり大きめです。

では早速各データを集めて比較してみましょう。

・【商品名】 Mokumori
・【メーカー】 ダイソー
・【定価】 ¥ 100
・【軸径】 8.3 mm
・【全長】 146.7 mm
・【重量】 10.4 g
・【対応芯径】 0.5 mm
・【ペン先からの重心位置】 79.3 mm
・【全長に対する重心位置】 54.1% (高重心)
・【ガイドパイプ形状】 ❚
・【ガイドパイプ長さ】 1.8 mm
・【ノック一回分の芯長さ】 0.5 mm
・【ノック部の沈み込み】 2.5 mm
・【消しゴム】 なし
・【芯の補充】 ノック部を取り外し補充
・【ノック音】 70 (大きめ)

【定価】で比較

同じような値段のシャープペンシルにはどのようなものがあるでしょうか。
商品名メーカー定価
タプリクリップゼブラ100
オレーヌプラチナ100
レックスグリップパイロット100
PoCheNo(ポシェノ)プラチナ100
Mokumoriダイソー100

【軸径】で比較

軸径の近いものを持っていれば持ち心地が分かるかもしれません。
商品名メーカー軸径(mm)定価
ロットリング 300ロットリング8500
自動繰出しシャープペンダイソー8.2100
Mokumoriダイソー8.3100
クレナぺんてる8.3300
マイティグリップゼブラ8.3600

【全長】で比較

同じような長さのシャープペンシルにはどのようなものがあるでしょうか。
商品名メーカー全長(mm)定価
クルトガ ローレットモデルuni146.21000
Mokumoriダイソー146.7100
モノグラフトンボ146.9350
PoCheNo(ポシェノ)プラチナ147.3100
フレフレミーパイロット147.3200
オルノスイフトトンボ147.3300

【重量】で比較

持ち心地に影響を与えています。人それぞれに使いやすい重さがあるはずです。
商品名メーカー重量(g)定価
レックスグリップパイロット10100
デルガードゼブラ10.1450
Mokumoriダイソー10.4100
タプリクリップゼブラ10.9100
S3パイロット11300

【全長に対する重心位置】で比較

持ち心地に非常に大きな影響を与えています。低重心か高重心かの数値です。
商品名メーカー全長に対する重心位置定価
エナージェルぺんてる52.6%200
Mokumoriダイソー54.1%100
レックスグリップパイロット54.2%100
PoCheNo(ポシェノ)プラチナ54.2%100
オートシャープノノックオート55.4%500

【パイプ部長さ】で比較

パイプ部の長さによっては筆記時の視認性が変わってきます。
商品名メーカーガイドパイプ形状パイプ部長さ(mm)定価
バーディパイロット1.5400
ファミコン シャープペンシルA本体三英貿易1.6750
Mokumoriダイソー1.8100
サファリラミー2.12500
PoCheNo(ポシェノ)プラチナ2.4100

【ノック部の沈み込み】で比較

一回芯が出るまでにどれくらいノックすればいいかの数値です。
商品名メーカーノック部の沈み込み(mm)定価
オレンズネロぺんてる2.32500
製図用シャープペンシルステッドラー2.41400
製図用シャープペンシルxeno(ゼノ)2.4350
Mokumoriダイソー2.5100
シュタインぺんてる2.5300

【ノック音】で比較

【カチッ】という音の大きさを示しています。
商品名メーカーノック音定価
フレフレミーパイロット65200
ファミコン シャープペンシルA本体三英貿易66750
PoCheNo(ポシェノ)プラチナ68100
製図用シャープペンシルステッドラー681400
Mokumoriダイソー70100
これから購入を考えていた方も、購入済みの方も、この記事が何かの役に立つことを願っています。